2021.10.19.

べったら市

本日19日と20日は、東京の秋の風物詩「べったら市」です。

 

日本橋小伝馬町で慶長年間(1596~1615)から続く、独特の風情と歴史あるお祭りですが、昨年に続き今年も中止となったそうです。

 

私たちも、この伝統ある「べったら市」を盛り上げようと、開催に合わせて「若菜のべったら市」と題してべったら漬の魅力を発信していたのでとても残念です。

 

日本橋の「べったら市」は中止となってしまいましたが、銀座若菜都内店舗では、「※1 生べったら漬」や「※2 皮付きべったら漬」などこの季節ならではの美味しいべったら漬を取り揃えて、賑々しく売場を盛り上げています。

 

 

※1:お日保ちの関係で通常はパッケージに詰めた後、加熱殺菌を行いますが、こちらは無殺菌製法。その分、賞味期間が通常の商品より短くなりますが、この期間だけの特別な味。出来立て「生」の美味しさをお楽しみいただけます。

 

※2:大根の美味しくなる季節限定でつくる「皮付きべったら漬」は毎年待ち望んでくださるお客様の多い、秋の人気商品です。パリパリの歯応えとさっぱりとした甘さ、出始めは大根の辛味も魅力の一つです。

 

一部店舗の様子をご紹介します。

無殺菌の「生べったら」や「皮付きべったら」を溢れんばかりに笑

 

こちらも「一本もの」や「半割」なども各種取り揃えています!

 

ぜひ手に取ってみてくださいね!

 

こちらは大きな提灯を提げて展開!店舗それぞれに工夫を凝らして皆さまのお越しをお待ちしています。

 

お近くにお越しの際はぜひ、お立ち寄りくださいませ。

店舗一覧ここちらから>>

 

タイラ